侵入犯罪との攻防戦

車の鍵

近年の日本において、鍵のトラブルが増加しています。トラブルと言うのは、いわゆる侵入犯罪です。このようなトラブルを防ぐ為の第一歩として、侵入犯罪の手口を知る事から始めるべきです。今回は、侵入犯罪の手口についてお話ししたいと思います。一番多く使用される手口は、ピッキングです。ピッキングは、針金のような工具を、鍵穴に差し込み、鍵を空ける手口です。ピッキング対策がされていない錠前ですと、短時間で解錠されてしまいます。次に、ドリリングと呼ばれる手口が存在します。ドリリングは、ドリルを鍵穴に差し込み、破壊をして侵入する手口です。続いて、バンピングと呼ばれる手口についてですが、バンプキーと呼ばれる特殊加工された鍵を使用して、解錠する手口です。技術や特殊工具が必要無く、簡単に侵入出来る手口です。次に、サムターン回しです。これは、ドアにドリル等で穴を空けて、特殊工具を通し、鍵を回す手口です。このように、様々な侵入手口が存在しますので、それぞれのトラブルに備えて対応する必要があるのです。

ピッキングの対策として、補助錠を付ける事が有効とされています。補助錠を付ける事で、解錠に長い時間がかかります。犯人は解錠に時間を必要とするドアを避ける傾向がある為、有効と言えます。ドリリングの対策ですが、鍵穴内部に超硬部品を使用した錠前を使用する事で、ドリリングの防御となります。また、プロテクタープレートの付いたケースを使用する事で、更に有効な対策となります。次に、バンピングの対策ですが、一つのドアに二つの鍵を取り付けて、更に、CP認定錠と呼ばれる警察庁が認定した錠前を取り付ける事が、バンピングの対策となります。最後に、サムターン回しの対策ですが、サムターンにカバーを取り付けて、簡単に回せないようにする事です。しかし、扉に穴を空けられてしまいますので、やはり補助錠を設置する等の工夫が必要だと思います。以上が、侵入手口別の対策です。近年の日本において、多くの犯罪が起きていますので、しっかりと対策しておきたいですね。